Anica

世界をリードする、セキュリティチップカードとディスプレー機能を総括するスマートカードを開発してきました

/ / / EN

会社の沿革

アニカ科技は2009年創立し、世界をリードし、初セキュリティチップとでスプレー機能を総括するカード(可視カード)を開発し、業界を初め、クールラミネート工程でカードの量産を達成しています。アニカ科技は可視カード以外に、現在さらに指紋認証カードも総括する各種機能を含めるスマートカードをご提供し、カストマーの全ての要求をご満足いただけます。

可視卡
9月
2009
台湾で成立、可視スマートカード商品を開発に目指し、ソフト、ハードウェアをご提供、パートナーをサポートし、さらにビジネス価値を創造する主旨であります。
6月
2010
アメリカのセキュリティチップ会社-Atmelの技術支援をいただき、世界中初めEMV金融OTPディスプレースマートカードを開発しました。
10月
2010
台湾財務省財務センターと共同に “スマート電子インボイスディスプレーカード” 発表しました。
9月
2011
2011年9月から次々に日本、アメリカ、台湾、中国各地のOTPディスプレーカードの専用特許を取得しています。
10月
2011
MasterCard国際組織に招待され、北京の五棵松體育館で、全世界第一枚MasterCardクレジット可視型カードを発表されました。
4月
2012
中国銀聯金融可視カードのチームに招待され、銀聯可視カードの基準を制定に協力したしました。
4月
2013
台湾のAcer、wistronグループと、全世界中初めのLED液晶スクリーンディスプレースマートカードを共同発表されました。
6月
2013
中国銀聯から可視カード基準を発表し、ワークチーム用銀聯可視カードは全てアニカ科技に提供されます。
2月
2015
台湾工業技術研究員に依頼され、コレステロールLED液晶ディスプレーカードを製造しました。
11月
2017
台湾工場で毎月キャパシティー30万枚のクールラミネート製造レインを設置しました。

技術紹介

ディスプレーカード

スマートカード、または知能カード、それは電子チップをプラスチックカードに貼り付けや内層嵌めるカードを示しています、カード内はマイクロ処理機、I/Oアダプターとメモリソフトなど、データの運用計算、アクセスコントロールと保存の機能を含め、カードのサイズと、接点位置の定義は全てISO7810基準に従っています。大体はテレホンカード、保健カード、あるいは交通系カードとメモリカードなどを汎用しています。

スマートカードは1974年にフランス人Roland_Morenoにより発明されました。アクセス暗号化と資料処理機能を備えられる電子チップをプラスチッククレジットカードに内蔵し。30年後アニカ科技はまた、業界をリードし電子紙ディスプレーモジュール(EPD)を内蔵化され、可視カードを称する。

智慧卡

電子紙ディスプレーモジュール

電子紙はビステーブルステージ.ディスプレー技術の一種であり、電池消耗量は極めて低い。普通の発光LED液晶と違って、電子紙は普通の紙と一緒、環境の光により、読みやすくて、さらに太陽光直接浴びても清楚に読みにくくない状態です。可視角度はかなり大きいです。大部分の電子紙は電源が点けてなくても画面や文字を読めますので、アニカ科技はこの特徴を利用し可視カードを開発、さらにカードリーダーと併せる事により、カードを電源設置しないままで、ディスプレーのメッセージを読めることが出来ています。

指紋認証モジュール

指紋識別は生体認証技術の一種であり、指紋センサーにより指紋特徴を獲得、処理、特徴を獲得さらにマッチするなどのシステム。常に身分を確認する場所で、例えば、出入口の制限、出勤システム、コンピューター、銀行決済などを含めてる。指紋識別システムは画像を獲得、画像圧縮と、画像処理などを含めてる。識別技術はアナログ光学識別と、容量式センサー識別、生体反射周波識別と、デジタル光学識別などを含めている。

アニカ科技は関連技術を持ちまして、各種の指紋識別モジュールをクールラミネートを通して、スマートカードを製作し、各種の需要応用に満足されます。

工程紹介

クールラミネート

カードに電子機能のディスプレー機能や指紋識別モジュールを内蔵すると、カード本体は伝統式の高熱ラミネートで行うことが出来ないため、アニカ科技は数年間に渡り研究資源を投入し、独自の特許技術を獲得し、クールラミネート工程によりカードを製造することが出来ました。キーポイントの手順は:

01.沖孔槽定位, 02.表面前處理, 03.對位塗布, 04.刮印偏壓組立, 05.成疊固化熟成, 06.沖壓成型

最先端生産ライン

アニカ科技は最先端のクールラミネート設備を設計し、月にキャパシーティを30万枚に達している。下記は生産ライン概覧:

技術サービス

アニカ科技はクールラミネートの製造工程と商品の設計サービスをご提供いたします。

  • 製造解決提案をご提供
  • ディスプレーボード、ディスプレーモジュール、ディスプレーカードの設計と製造などのサービスをご提供いたします。
  • ファームウェア開発サービス
  • システム開発サービス
  • セキュリティチップ総合応用
  • 清算システム設計
  • カストマー指定製造サービス

商品紹介

可視カード

ONEキーカード
(ONEキータッチ)
12キーカード
(12キータッチ)

個人識別暗証コード保護

最高級グレーのセキュリティ

ネット引取詐欺を減少し

タイムパスワードや事件パスワードを選択できる

超低い電力消耗

3年~5年寿命サポート

映像保存機能

RoHS基準に符合する

下記は汎用基準、規格はカストマーにより変更できます。

OTP mode Event based Time based Time based
(pin code)
Time based
(challenge mode without pin code)
Time based
(challenge mode with pin code)
Input key 1 1 12 12 12
Algorithm HOTP Event based/
proprietary
HOTP Event based/
proprietary
HOTP Event based/
proprietary
OCAR/proprietary OCAR/proprietary
Accuracy None +/- 20ppm +/- 20ppm +/- 20ppm +/- 20ppm
Display digit 6 ~ 8 6 ~ 8 6 ~ 8 6 ~ 8 6 ~ 8
Display speed 300 ms 300 ms 300 ms 300 ms 300 ms
Life time
(Regular Capacity more for extend)
3 years
14,000 times
3 years
14,000 times
3 years
14,000 times
3 years
14,000 times
3 years
14,000 times
Personalize By card issuer By card issuer By card issuer By card issuer By card issuer
Operating temperature -10~50°C -10~50°C -10~50°C -10~50°C -10~50°C
電子マネー
規格
電子マネー
功能
電子マネー
応用
EMV2000やVISA CARD、MasterCard PayPass兼用
ISO IEC14443指示により
ISO IEC7816指示により
セキュリティ認証汎用EAL4+,VISA,CAST基準
接触式と非接触式双界面
電池なしで映像保留
RoHS基準により
残金調査
決済リスト
チケットメッセージ
ポイント調査
マール調査
広告ディスプレー
パーキングメッセージ
OTPディスプレー
身分メッセージ
その他のカストマー指定製造サービス
PIN番号生成機
電子マネー、電子財布、クレジットカード
返済、チャージ、テレホンカード、ギフトカード
VIPカード、マールカード、会員券
学生、身体障害、軍人、老人、特定使用カード
多数機能、銀行、クレジットカード、デビットカード
ボーディングパス
クラブ、遊覧船ルームキーカード
娯楽チケット
試験入場券
交通系カード
電車、地下鉄、フェリーチケット
公共交通運輸証明
駐車チケット
Eインボイス

指紋認証カード

指紋認証カード

特許リスト

新聞記事

お問い合わせ

アニカ科技株式会社

電話番号 886-2-2600-8253
アドレス 台灣新北市林口區文化二路一段533號二樓
メール service@anica.com


アニカホームページご覧をいただき、誠にありがとうございます。お気軽にご相談ください。下記のリストにご記入ください。

お問い合わせいただきありがとうございます。

メッセージを受け取りました、担当者から連絡があります。